Trajectory ユナイト三重の軌跡

HISTORY 創業までの軌跡

ユナイト三重の今日に至る軌跡をご紹介いたします。
2007年、仲卸会社4社を統合し、新会社を設立。

1981

  • 津市・松坂市にあった民設の卸売市場が統合。
1981

1991

  • 卸の取り扱い金額、214億円がピーク。
  • 取り扱い金額が減少傾向。
  • 市場を取り巻く厳しい環境。
    市場経由率の低下。
1991

2006

  • 青果仲卸の生き残りをかけて。
    「皆でやることに意義がある」と
    新会社設立委員会を設置。
    仲卸7社で話し合い。
  • 12月 
    実現に向けて専門家を入れることを決定。

2007

  • 1月、初顔合わせ。2008年4月の開業を目指す。1社離脱。
  • 4月~5月
    決算書を基に各社聞き取り(6社) 
2007
  • 7月、6社により決算書の損益計算書の部分を公表。
    単純な数字の合算でも利益を出せるとの結果。
  • 新会社(新設法人)を設立し、旧4社を事業統合することを選択。資本金1億円弱。
  • 「身軽さ」としてスピードアップを図る。
    営業開始を2008年1月5日に。2社離脱。
  • 10月25日 会社設立 資本金70,000,000円
2007

2008

  • 1月5日 営業開始
2008

市場業界を取り巻く環境 市場の機能

  • 集荷(品揃え)
  • 代金決済機能
  • 分荷機能
  • 情報受発信機能
  • 価格形成機能

卸売市場経由率は下がっており、市場数や卸売業者数も減ってきている。

青果全体の市場経由率は、6割程度

しかし!!

国産に限れば、市場経由率は8割を超えており、高い数値を維持。

卸売市場における青果の取引金額は、中央市場で2兆円、地方市場で1兆円強。

市場の機能
市場の機能
会社概要
カレンダー